血の間隔(漫画)を無料で読めるのはここ!全巻を漫画バンクやraw以外で読む方法は?

漫画を全巻無料で読む方法
スポンサードリンク

知的障害を持つ妹を疎ましく思っていたものの、祖母の遺言によって、その妹を見ていかなければならなくなり、知的障害というものに向き合う主人公の物語、『血の間隔』。

最近よく広告に出てくるという事で人気が出てきている、この『血の間隔』ですが、2022年8月現在、6巻まで刊行されています。

そんな『血の間隔』を読みたい人に向けて、全巻無料で読めるかどうかを調べてみたのですが、3巻までは無料、それ以降は半額で読めるという結論が出ました!

今回は、そのやり方について具体的に紹介していきましょう!

 

 

 

スポンサードリンク

『血の間隔』を無料で読めるのはコミック.jpの無料体験とebookjapanの組み合わせ

『血の間隔』を無料で読む方法とは、コミック.jpの無料体験期間とebookjapanを組み合わせる、以下のやり方です。

『血の間隔』をお得に読む手引き
  1. コミック.jpに無料登録して1,350ポイント(このページのリンクから飛ぶ場合のみ適用)獲得し、3巻無料で読み、解約
  2. コミック.jp利用後、ebookjapanを利用して3巻半額で読む。これで読了。

今から上記のやり方を詳しく紹介していきましょう。

①コミック.jpに無料登録して無料で読もう

『血の間隔』を全部無料で読めるのが、コミック.jpです。

コミック.jpでは、13万作品以上の漫画が揃えられており、その中には当然『血の間隔』も含まれております。そんなコミック.jpには1ヶ月の無料体験期間がありまして、登録時にはなんと電子書籍に使えるポイントを1,350ポイント(このページのリンクボタンから登録した場合のみ。それ以外の登録では675ポイントに下がりますので要注意)ももらう事ができます。

このコミック.jpでの『血の間隔』の価格は1巻あたり440円(440P)で、全巻合わせると2,640円。対して無料でもらえるポイントは1,350ポイントですので、3巻無料で読めます!(2,640-1,350=1,290

しかも、コミック.jpは1ヶ月の無料期間中ならば利用料金、解約金は一切かかりませんので、『血の間隔』を読み終えたら、すぐに無料で解約する事が可能です。

こうする事で、コミック.jpならば1円も支払わずに『血の間隔』を3巻読む事ができるというわけです。

『血の間隔』を広告で見たりして、すぐに1巻でも読んでみたい、もしくは最新刊を読みたいと思った時は、コミック.jpを使ってみましょう!

 

 

サービス 価格/1冊 特典 無料で読める数
コミック.jp 440円 無料体験加入時に1,350P
(このページのリンクから飛ぶと1,350P
それ以外だと675Pまで下がるので要注意)
3冊

 

②コミック.jpで3巻読んで、ebookjapanを使おう。

コミック.jpで3巻読んでも、まだ3巻残っていますよね? 読了には至っていないはずです。

なので、次はebookjapanを使ってみましょう。

このebookjapanですが、現在(2022年8月)、初回登録時に6冊まで50%引きで漫画を買える特典が付いてくるようになっております。『血の間隔』は全部で6巻なので、対象内。

この特典を上手く使えば、『血の間隔』の全巻を、1,320で読む事ができるのですが、上述したコミック.jpを利用していた場合、残っているのは3巻なので、660円で読む事が可能です。

こうする事で、本来ならば2,640円払わないと読めない『血の間隔』の全巻を、660円で読む事ができるわけです!

 

 

更に、ebookjapan自体がかなり昔からあるサービスですので、他電子書籍サービスでは取り扱っていない漫画も数多くあります。

『血の間隔』以外の漫画を探しているならば、ebookjapanで見つけ出せるかもしれません。この機会に利用しまくるというのも、一つの手でしょう。

 

尚、ebookjapanについてもっと詳しく知りたい方は、こちらへお進みください。

 

どうして上記サービスが有効なのか?

さて、ここまで『血の間隔』を上記のサイトでお得に読む方法を紹介してきましたが、世の中には違法アップロードという海賊版などが出回っており、それなら無料で読める海賊版の方がいい! と思う方もいるでしょう。特に最近よく出てくる漫画BANKやら漫画村やらを利用すれば楽勝! と思う方もいるのではないでしょうか?

しかしそれは、とても危険な行為になります。

なぜ危険かと言いますと、最近話題になっていますが、まず海賊版サイトを運営する事は著作権の侵害に当たる為、違法行為になります。

2019年7月には海賊版を運営していた不届き者がフィリピンで逮捕もされましたよね。更にはもう一人の不届き者も逮捕されました。

しかも2019年2月時点で文化審議会著作権分科会が取り纏めた報告書の中で、海賊版サイトなどの問題に関して、著作権を改正し、ダウンロードを違法とする対象範囲を現在の音楽・映像から著作権全般に拡大する事を提言されました。

更に、2022年7月には、前述している漫画海賊版サイト「漫画BANK」を運営していた男性が、不届き者として摘発され、巨額の罰金を支払う羽目になってもいましたね。そしてそれよりも前に、便利な漫画海賊版サイトであった「漫画BANK」はネット上から消去され、利用できなくなっていました。この辺は最近の話なので、聞いた事がある人も多いのではないでしょうか。

こんな感じで、著作権の拡大によって、権利者の許可なく違法にアップロードされ、公開されている漫画などを海賊版と知りながらダウンロード・閲覧する事自体が違法となってしまうのです。

誰しも、漫画を読んだら犯罪者になったなんて、くだらない事にはなりたくないですよね。

しかもそういう漫画海賊版サイトは漫画BANKや漫画村のように突然閉鎖して使えなくなる事も普通にあり、そもそもサイト内の至るところにウイルスやらマルウェアやらを仕掛けている場合も非常に多いので、安心安全に利用する事も、長期的に利用する事だってできません。

その為、安全な上記のサイトで『血の間隔』を読む方法が良いのです。

というか、漫画BANK、漫画バンク等で検索したところで、該当サイトが消えているので、それらを使おうと思っても、どうにもならないのですが

『血の間隔』のあらすじ

俺は妹に消えて欲しかった――漫画家の知幸は幼い頃、知的障害がある妹・知恵のことを疎ましく思っていた… 祖母の葬式のため、数年ぶりに帰省した知幸は父から祖母の遺言を聞く。『血を分けた兄妹なのだから一緒に生きていかなくてはいけない』と―― 祖母の遺言を受け、知幸は抗うことが出来ない【血】を持つ知恵とどう向きあうのか……

https://ebookjapan.yahoo.co.jp/books/591789/より引用

漫画家である知幸には、知恵という一人の妹がいましたが、知恵には知的障害があり、自分や周囲の常識が全く通じませんでした。何を話しても通じていっている気配のない知恵に、知幸は子供の時から嫌気が差しており、「さっさと消えてくれ」とさえ思うくらいでした。

大人になってからは、知幸は知恵から離れる事ができましたが、問題は祖母が亡くなって、葬式のために帰郷した時。知幸の父親は亡くなる寸前の祖母から遺言を受け取っていたのですが、その内容は『血を分けた兄妹なのだから一緒に生きていかなくてはいけない』というもの。

流石に遺言とあっては従わなければなりません。しかしその妹は小さい頃から疎ましく思っていた、知的障害持ち。知幸は知恵と向き合う事になりますが、それは決して楽な道などではありませんでした。

まとめ

今回ご紹介した方法が、『血の間隔』を賢くお得に読む方法です。

この作品は上述した通り、コミック.jpで全巻無料で読む事が可能です。もしコミック.jpが使えなくてもebookjapanにて6巻半額で読む事ができてしまいますので、この機会に活用していってみてくださいね!

 

 

 

スポンサーリンク