幼女戦記の最新刊(12巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

ラノベの最新刊ネタバレ
スポンサードリンク

細部まで作りこまれた世界観と、鮮やかなバトルシーンが魅力の「幼女戦記」は、現時点で小説が第11巻まで、コミックスが第16巻までが好評発売中です。

これら以外にも、本編のスピンオフ作品である幼女戦記食堂や、小説第1巻のオーディオブック化も行われています。

また、2017年にはアニメ化もされており、人気の高さが伺えますね。

さて、そんな幼女戦記ですが、最新刊の発売日はいつ頃になるのでしょうか。

その内容やネタバレ、そして発売日を予想してみました。

尚、その幼女戦記の最新刊は、eBookJapanでお得に読む事が出来ますよ。

 

 

スポンサードリンク

幼女戦記の11巻のあらすじと内容

連合王国との戦争も佳境へ。

劣勢に立たされている帝国軍のゼートゥーアとルーデルドルフは、戦争の幕の引き方をめぐって対立します。

帝国にとって最もダメージの少ない形での敗戦を視野にいれるゼートゥーアに対し、最後まで帝国が勝利する道を模索し続けるルーデルドルフ。

度重なる協議の末に、ゼートゥーアはルーデルドルフを暗殺するよう、ターニャに命じます。

命を受けたターニャは、ルーデルドルフが乗る視察機の護衛任務に乗じて、暗殺を決行しようとしました。

しかし、ちょうどその時、視察機が何者かによる襲撃を受けます。

ルーデルドルフが、視察のため帝都を離れるという通信を傍受していた連合王国も、暗殺のために航空魔導師部隊を差し向けていたのです。

思いもよらぬ連合王国の襲撃に、ターニャはルーデルドルフ暗殺を連合王国の仕業にしようと思いつきます。

その結果、ターニャ率いる第二〇三航空魔導大隊が応戦するも空しく、ルーデルドルフは殺害されてしまいました。

ルーデルドルフの後任は、ゼートゥーアが引き受けることとなり、ゼートゥーアは帝国軍の実権を握ることに成功します。

軍のトップになったゼートゥーアは、帝国の南に位置するイルドア王国へと侵攻することを決断。

イルドア王国は中立的な立場を示しているものの、帝国との領土問題を抱えているだけでなく、合衆国と同盟を結ぼうとしていたからです。

中立的な立場をとっているため、帝国から攻められることなど想定していないイルドアは、レルゲンやターニャ率いる帝国軍に蹂躙されてしまいます。

ということで、11巻は前巻までの落ち着いた内容とはうって変わって、非常に動きのある展開になっていましたね。

幼女戦記の最新刊の発売日は?

そんな幼女戦記の最新刊の発売日は、いつ頃になるのでしょうか?

小説版とコミックス版のこれまでの発売時期から、最新刊の発売時期を予想してみましたので、以下で紹介していきます。

幼女戦記の小説の最新刊(12巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔 備考
第01巻 2013年10月31日 Deus lo vult
第02巻 2014年5月31日 7カ月 Plus Ultra
第03巻 2014年11月29日 6カ月 The Finest Hour
第04巻 2015年6月29日 7カ月 Dabit deus his quoque finem
第05巻 2016年1月30日 7カ月 Abyssus abyssum invocat
第06巻 2016年7月30日 6カ月 Nil admirari
第07巻 2016年12月28日 5カ月 Ut sementem feceris, ita metes
第08巻 2017年6月30日 6カ月 In omnia paratus
第09巻 2018年1月12日 6カ月 Omnes una manet nox
第10巻 2018年9月29日 9カ月 Viribus Unitis
第11巻 2019年2月20日 5カ月 Alea iacta est

発売は約半年に一度といったところでしょうか。

この点から考えると、11巻の発売から1年近くという長い月日が経っていますが、12巻の発売日は2020年2月20日に予定されています。

幼女戦記のコミックスの最新刊(17巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔
第01巻 2016年12月10日
第02巻 2016年12月26日 0.5カ月
第03巻 2017年1月26日 1カ月
第04巻 2017年4月10日 3カ月
第05巻 2017年5月10日 1カ月
第06巻 2017年6月9日 1カ月
第07巻 2017年11月25日 5カ月
第08巻 2018年2月26日 3カ月
第09巻 2018年4月26日 2カ月
第10巻 2018年9月25日 5カ月
第11巻 2018年11月24日 2カ月
第12巻 2019年1月25日 2カ月
第13巻 2019年4月25日 3カ月
第14巻 2019年5月24日 1カ月
第15巻 2019年7月25日 2カ月
第16巻 2019年10月25日 3カ月

発売の間隔は早ければ1カ月、遅くても5カ月と、かなりばらつきはあるものの、定期的に発売されているようですね。

それにしても、3年もたたない間に16冊ものコミックスが出版されているのは驚きです。

そんな最新の17巻の発売日もすでに決定しており、2020年1月23日の予定となっています。

幼女戦記の最新刊以降を読む方法

コミックスの最新刊を読み終わってしまって、すぐに続きを読みたい…と感じたことはありませんか?

多くの漫画サイトがある中で、単行本にはまだ未収録な幼女戦記の最新話を読むことができるウェブサイトは、現時点ではないようです。

しかし、幼女戦記を連載している月刊紙であれば、最新話を読むことも可能です。

幼女戦記の最新話は月刊コンプエースで読める

幼女戦記は月刊コンプエースにて連載されていますので、こちらでなら単行本収録前の最新話を読むことが可能です。

月刊コンプエースには他にも多くの作品が連載されていますし、その中から自分の好きな漫画を発見するのも面白いかもしれませんね。

 

幼女戦記の最新刊はeBookJapanでお得に読める

同じ小説やコミックスを買うなら、あなたは少しでも安く手に入れたいと思いませんか?

eBookJapanだと買った金額に応じてポイントがたまるので、普通のお店で買うよりもお得に買えますよ。

たまったポイントで別の書籍も買えますし、電子書籍ならスマホがあればどこでも買って読める点もメリットですね。

 

 

月刊コンプエースはeBookJapanでお得に読める

幼女戦記が連載されている月刊コンプエースですが、eBookJapanならば本屋で買うよりも早く、安く読むことができます。

しかもeBookJapanならば幼女戦記の原作も購入できるため、電子書籍としてまとめて持ち歩くこともできます。

月刊コンプエースで幼女戦記の最新話を楽しみたい方、小説を読みたい方は、ぜひまとめてチェックしてみてください。

 

 

幼女戦記の12巻のネタバレは

11巻では、帝国のイルドア侵攻は予想以上にあっさり成功しましたが、この状況を周辺の連合王国軍が座視したままでいるとは思えません。

イルドアと同盟を結んだ合衆国も同様です。

また、イルドア侵攻作戦を指揮したゼートゥーアの真意も明かされてはいません。

合理的なゼートゥーアのことですので、何かしらの意図があってイルドア侵攻を決断したのでしょう。

ですので、次巻では連合王国や合衆国をも巻き込んだ世界大戦が勃発するかもしれませんね。それがゼートゥーアの真の狙いなのでしょうか。

いずれにしろ、帝国の孤立が深まっていく中で、ゼートゥーアの腹心となったターニャとその部下たちの負担は増えていく気がしますね。

幼女戦記のあらすじ

物語の舞台は、初の世界大戦に直面するヨーロッパと似た異世界。

日本で普通のサラリーマンとして生きていた現実主義者の男が、この異世界に女の子として生まれ変わる。

記憶も知識もそのままに転生した男は、幼いながらも高い魔力適性をもっていた。

そんな「幼女」は軍に入隊し、一人の兵士として敵対する国家とのかつてない大戦に巻き込まれていく。

まとめ

とうとう物語は、最終局面へと突入していきます。

本作の重要人物であったルーデルドルフの死をきっかけに、事態が急展開してきましたね。

なかなか物語が進まず、やきもきしていた人こそ、最新刊は楽しめたのではないでしょうか。

シリーズ累計発行部数も400万部を突破して勢いに乗る「幼女戦記」から、これからも目が離せませんね!

そして幼女戦記の漫画の最新話は月刊コンプエースで、月刊コンプエースや原作はeBookJapanでお得に読めますので、この機会に活用してみてください。

 

 

スポンサーリンク