オーバーロード(小説)の最新刊(15巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

ラノベの最新刊ネタバレ
スポンサードリンク

『オーバーロード』こと通称「オバロ」は、小説が14巻まで、漫画が13巻まで好評発売中です。

剣と魔法の世界が舞台ですが、通常RPGだと敵側になる「魔王」が主人公というポジションの、アンチヒーロー要素がたっぷり込められたダークファンタジー作品です。

初めはWEB版として小説投稿サイトにて公開され、加筆修正を行った書籍版、コミカライズ、第3期までに及ぶテレビアニメ化、ゲーム化など様々なメディア展開がされています。

書籍はKADOKAWAエンターブレインより刊行されており、シリーズ累計発行数は800万部を突破、「このライトノベルがすごい!」では3年連続ランクインも果たした超人気ライトノベルです。

スポンサードリンク

『オーバーロード』の14巻のあらすじと内容

前巻から約2年ほど間が空いたのもあってか、かなりのボリュームな一冊でしたね!

魔導国の馬車が王国の貴族に襲われたことから、ついに魔導国とリ・エスティーゼ王国の正面衝突になりました。

あの天才アルベドの計画さえもぶち壊し大戦犯となるフィリップには、もう正直面食らいましたね。

彼視点のシーンもありますが、独特の謎理論や誰にも予想できない方向への行動があまりにも個性的で、おバカっぷりが逆にいい仕事をしてくれたとも思います。

王国滅亡ともあり既刊からお馴染みのキャラクターが次々に死んでいきますが、その生き様にも心動かされるシーンがありました。

最終決戦の前、アインズとザナックが対話した際、ザナックが問いに答えたアインズを「普通の人間と同じだ」と評価します。

アインズは転生前こそ人間でありますが、今は魔王であり、至高の存在であるため、滅多に誰かに対して心を開いた言葉を交わすことはありません。

しかしこの場面だけは、どこかアインズも最強の王としてではなく、ありのままの本音を伝えているような気もしました。

謀反を起こした部下たちに殺されるというザナックの最期はとてもあっけなくありましたが、人となりや国のことを想っていること、賢さまでも伝わってくる良い場面でした。

ブレインも、ガゼフへの憧れや嫉妬などに囚われていましたが、最期には彼をはるかに超える剣士となり、コキュートスに戦いを挑んで戦士として殺されました。

こうして読み終わると、サブタイトルの『滅国の魔女』がラナー王女なのだと分かりますね。

言葉の通り王国を滅ぼす原因になった一人ではありますが、愛しのクライムを復活させ、共に悪魔化して未来永劫一緒にいるのであれば、今後ナザリックに問題を持ち込むこともないでしょう。

そして、意外にも蒼の薔薇は生き残ります。

ラキュースが王国のために戦う選択をしますが、このまま残れば死以外ないために、仲間たちが魅了で従えさせかなり遠い外国へと逃亡することとなりました。

今巻一番の見どころは、やはりツアーとアインズの戦闘シーンでしょう。

さすがに描写もページ数も多く割かれており読み応えがありました。

大抵はアインズたちが圧倒的な強さを見せるのですが、このように強者との緊迫する戦闘もハラハラ感があって良いですね。

実際にツアーと対峙したのはアインズに化けたパンドラズ・アクターでしたが、読者にはすぐ分かる伏線がありましたし、ツアーとの戦闘はナザリックにとってあくまで情報収集であり、ツアーも同じくだったのには納得です。

今回は特にアインズのNPCたちに対する妄執がすさまじく、人間側やナザリック陣営以外は本当にどうでもいいという非情っぷりが際だって見えました。

様々な展開が怒濤のように押し寄せた14巻でしたが、これにてついに王国編最終章となりました。

『オーバーロード』の最新刊の発売日は?

『オーバーロード』の最新刊はいつ頃の発売になるのでしょうか。

小説と漫画でそれぞれ発売日が違いますので、以下の表にまとめ、発売傾向を予想してみました。

『オーバーロード』の小説の最新刊(15巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔
第01巻 2012年7月30日
第02巻 2012年11月30日 4ヶ月
第03巻 2013年3月30日 4ヶ月
第04巻 2013年7月31日 4ヶ月
第05巻 2013年12月28日 5ヶ月
第06巻 2014年1月31日 1ヶ月
第07巻 2014年8月30日 7ヶ月
第08巻 2014年12月26日 4ヶ月
第09巻 2015年6月29日 6ヶ月
第10巻 2016年5月30日 11ヶ月
第11巻 2016年9月30日 4ヶ月
第12巻 2017年9月30日 12ヶ月
第13巻 2018年4月27日 7ヶ月
第14巻 2020年3月12日 23ヶ月

発売当初から比べるとかなりバラつきが出ていますが、平均して約7ヶ月間隔で発売されています。

第14巻が2020年3月に出ていますから、最新刊の第15巻は早くて2020年10月頃の発売になると予想されます。

ちなみに第14巻の巻末には2021年春予定とも書かれていますので、遅くても一年程度待つことになりそうです。

 

 

『オーバーロード』の漫画の最新刊(14巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔
第01巻 2015年6月26日
第02巻 2015年7月25日 1ヶ月
第03巻 2015年12月26日 5ヶ月
第04巻 2016年6月23日 6ヶ月
第05巻 2016年8月26日 2ヶ月
第06巻 2016年12月26日 4ヶ月
第07巻 2017年5月24日 5ヶ月
第08巻 2017年12月26日 7ヶ月
第09巻 2018年4月26日 4ヶ月
第10巻 2018年7月26日 3ヶ月
第11巻 2019年2月26日 7ヶ月
第12巻 2019年9月26日 7ヶ月
第13巻 2020年3月26日 6ヶ月

漫画版は、約5ヶ月間隔での発売になっています。

第13巻が2020年3月に出ていますので、最新刊の第14巻は早ければ2020年8月頃の発売になると予想されます。

『オーバーロード』の最新刊以降を読む方法

『オーバーロード』を最新刊まで読み終えてしまうと、続きが待ち遠しくて仕方なくなる方もいると思います。

特に、本作品は次巻発売まで長期間空くことも多いですよね。

しかし実は、漫画版であれば今すぐにでも最新話を読むことができるんです。

残念ながら無料のWEBサイトで読むことは叶いませんが、以下でご紹介する月刊誌をぜひチェックしてみて下さい。

『オーバーロード』の最新話は月刊コンプエースで読める

『オーバーロード』は月刊コンプエースで連載されています。

こちらであれば、単行本収録前の最新話を読むことができてしまいます。

月刊コンプエースには他にも多くの面白い作品が連載されていますので、新しく好きな漫画を探してみるのもオススメです。

また、KADOKAWAの運営する無料漫画サイト「Comic Walker」では、第一話が無料公開されています。

どのようにコミカライズされているのか気になった方は、こちらも併せてチェックしてみてください。

『オーバーロード』の最新刊はU-NEXTでお得に読める

読者としては作者に還元したいし、応援もしたいけれど、同じ本を買うなら少しでもお得に読みたい!という気持ちもありますよね。

『オーバーロード』の小説版と漫画版は、U-NEXTでも購入することができます。

U-NEXTだと無料登録時に600ポイントがもらえます。

そしてオーバーロードの最新刊の価格は1,320ポイントなので、600円分免除してもらって、720円で買えるのと同じです

通常1,320円のところを720円、ほぼ2分の1の価格で読めるのですから、お得ってレベルじゃないでしょう。

しかも電子書籍ならスマホがあれば事足りるため、保管場所に困らないのが利点ですね。

U-NEXTならば720円でオーバーロードの最新刊が読めるので、オーバーロードの最新刊をお得に読みたい方は、ぜひU-NEXTを使ってみてください!

『オーバーロード』の15巻のネタバレは

今回の王国滅亡騒動があったことで、アインズが重圧を感じたため、長期休暇をとって旅行に行くようです。

アウラとマーレを連れてエルフの国へ赴き、エルフのお友達を作ってあげようとするとか。

というわけで、シリアスで重い話が続きましたので、少し閑話休題のようなほのぼのした話が挟まりそうですね。

また、エルフの国は法国との敵対もありますし、14巻でも登場した漆黒聖典の出番もあるでしょうか。

まだ分からない他の席次たちが勢揃いしてくれるのも楽しみです。

そして、あと三冊で『オーバーロード』完結との作者からの言葉がありました。

長く続いた物語が終わるというのはファンとしてはなんとも言えないところではありますが、ここまで膨大に広がった話がどのように上手く収まるのか、今から楽しみです。

『オーバーロード』のあらすじ

仮想現実体験型オンラインゲーム『ユグドラシル』がサービス終了を迎える日、主人公・鈴木悟は仲間と栄華を誇ったギルドで一人静かに最後のひとときを味わっていました。

しかし、サービス終了の時刻になっても強制ログアウトが起こらない上、命令なしでは動かないはずのNPCが意思を持って動き始めたのです。

驚く鈴木悟も、自身が作ったゲームのアバターであるPC・モモンガになっていることに気づきます。

どうやら、自分がいたはずのナザリック大墳墓ではなく『ユグドラシル』と似通っている異世界へと転移してしまったようでした。

現実世界では冴えないサラリーマンであり、天涯孤独の身である鈴木悟。

そんな彼は名前をモモンガからかつてのギルド名「アインズ・ウール・ゴウン」に改め、骸骨の見た目をした最強の大魔法使いとして、従順なNPCたちと共に世界征服へと乗り出していくのでした。

まとめ

日本国内だけでなく海外でも高い人気を博している『オーバーロード』。

主人公のビジュアルが人間ではなく骸骨だったり、主人公サイドが正義の味方ではなくアンチヒーローだというダークファンタジーの世界設定がインパクトの強さに拍車をかけています。

確かに作品傾向からシリアスなシーンは多いですが、ときどき日常的な小話やコメディ要素も入っているため、緩急があり飽きさせない面白さがあります。

また、アインズが常に最強の力を以て物事を解決していくのではなく、組織として合理的に動かす工夫をしたり、部下であるNPCの成長を見守るなど、100%非情ではなく人間味のある部分も見られるのが魅力的です。

テレビアニメだと各キャラクターや世界観のビジュアルがありイメージが掴みやすいため、アニメ版を視聴して物語を把握してから書籍版でストーリーの補完を行うのもオススメです。

完結まで残り3冊となり、一体どのような終幕を迎えるのか楽しみなライトノベル作品です。

この機会にぜひ手に取ってみてくださいね。

スポンサーリンク