ぼくたちのリメイクの最新刊(8巻)の発売日はいつ?内容やネタバレを予想してみた

ラノベの最新刊ネタバレ
スポンサードリンク

「ぼくたちのリメイク 」は、小説が第7巻+スピンオフ1巻まで、漫画は第2巻まで好評発売中です。

「このライトノベルがすごい!」2018年版は文庫部門6位、2019年版では7位に輝き、2019年12月にはアニメ化企画が進行していることが発表された、人気上昇中のタイムトラベル青春作り直しストーリーです。

 

 

スポンサードリンク

『ぼくたちのリメイク 』の6巻のあらすじと内容

第6巻は大学を去った鹿苑寺貫之が夢の中に出てきて、恭也が後悔に苛まれるところから始まります。

そこで恭也とナナコは貫之の実家がある川越と向かうことになります。

川越に着いて貫之の足跡を辿って追いかけていた恭也とナナコはついに貫之と再会することができます。

しかし、出会えても貫之との確執がある恭也は彼を大学に簡単連れ戻せず苦心をします。

一方で、学園祭の美術研究会の一同は出し物をコスプレ喫茶にすることに決定します。

そしてその決定に巻き込まれる河瀬川。

川越では大学を去った仲間のために、大阪では学園祭に向けて制作に励む一同。

2つの場所でそれぞれの物語が進んでいきます。

『ぼくたちのリメイク 』の最新刊の発売日は?

「ぼくたちのリメイク 」は、小説版と漫画版で最新刊の発売日が違っています。

以下の表にそれぞれの発売日をまとめ、次巻の発売日を予想してみました。

『ぼくたちのリメイク 』の小説の最新刊(6巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔
第01巻 2017年3月25日
第02巻 2017年7月25日 4ヶ月
第03巻 2018年11月25日 4ヶ月
第04巻 2018年4月25日 5ヶ月
第05巻 2018年9月25日 5ヶ月
第06巻 2019年3月25日 6ヶ月
スピンオフ 2019年8月24日 5ヶ月
第07巻 2019年12月25日 4ヶ月

小説版はおよそ、約4~6ヶ月のペースで発行されています。

第7巻が2019年12月に発売されましたので、次の第8巻は2020年5月頃と予想されます

 

 

『ぼくたちのリメイク 』の漫画の最新刊(3巻)の発売日は?

巻数 発売日 間隔
第01巻 2019年4月9日
第02巻 2019年9月9日 5ヶ月

漫画版の方は小説版と同じようなペースで刊行されており、約5ヶ月のペースで発売されています。

第2巻が2019年9月に発売されましたので、次の第3巻は2020年2月頃になると思われます。

『ぼくたちのリメイク 』の最新刊以降を読む方法

「ぼくたちのリメイク 」をすべて読んでしまうと、最新刊の発売まで待ちきれない!続きが気になる!という方も多いと思います。

実は、漫画版であれば最新刊以降の話を読むこともできるんです。

その方法を以下にご紹介しますので、チェックしてみて下さいね。

『ぼくたちのリメイク 』の最新話はマガジンポケットで読める

「ぼくたちのリメイク 」の漫画版は、講談社が運営するマンガ雑誌アプリ「マガジンポケット」にて連載されています。

隔週月曜日更新で最新話を読むことができるほか、全話掲載されているため、アプリ内でのポイント消費で読み返すこともできます。

また、第1話はいつでも無料ですので試し読みにも最適ですね。

アプリ内でポイントを貯めたり、課金することでも作品が読めますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

『ぼくたちのリメイク 』の最新刊はeBookJapanでお得に読める。

さらに、好きな作品をまとめて買って好きな時に読めるようにしたいけれど、少しでもお得に読みたい!と考えている方には電子書籍ストアeBookJapanをご紹介しましょう。

電子書籍ストアeBookJapanで「ぼくたちのリメイク 」やその他の作品を購入すると、金額の1%がポイントでもらえます。

1ポイント=1円で利用ができるうえに、セールやキャンペーンも開催されているため、普通に買うよりもお得に作品を購入する事が出来ます。

また、eBookJapanには小説版も漫画版もそろっている他、旧作から最新作まで数多くの名作を取り扱っています。

本屋ではなかな見つからない名作を簡単に購入する事も出来るのです。

さらに、電子書籍なら大人買いをしてもスペースの心配をしなくてもいいのです。

普段見ない作品でも立ち読み機能を使うことによって、新しいジャンルの作品にも出会えるのです。

ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

 

 

『ぼくたちのリメイク 』の7巻のネタバレを予想

第7巻は夏から秋にかけて出されていた2回生の課題の総評から始まります。

その結果は多くの学生の予想と異なっており、困惑の表情を浮かべています。

そんな中、チームきたやま△のメインスタッフであり、現在は九路田組の作画チーフである志野亜貴は静かな表情を浮かべているのでした。

志野亜貴の加入により制作物のクオリティを上げている九路田組に対して、橋場恭也率いるチームきたやま△も盤石の態勢を整えてぶつかります。

そんな中、学園祭で行われるコスプレ喫茶の会議や上映会についての打ち合わせなど息つく暇のない日々が進んでいきます。

時には衝突をしながらもチーム一丸となって制作を進めていく一同でしたが、なんと橋場恭也は志野亜貴と水族館デートに行くことになります。

そんな波乱の日々の中、勝負の舞台となる学園祭がついに始まります。

強力な技術力とクオリティを誇る九路田組の作品を超えるために、チームきたやま△は秘策を打ち出すのでした。

そして決着する動画制作課題。

その結果は果たしてどうなるのか。

『ぼくたちのリメイク 』のあらすじ

28歳のディレクター、橋場恭也は働いていたゲーム会社が倒産をするという悲劇に見舞われます。

失意の中、ニコニコ動画で同じ年の成功したクリエイターたちを見ながら、彼らと同じ芸大に入学していたらどうなっていたかと考えながら実家に帰省をすることにします。

実家に帰った恭也でしたが、いつの間にか18歳になっていること、それに合わせて世界も10年巻き戻っていることに気が付きます。

18歳に戻った恭也は何かを変えるために、諦めた芸大への進学を決意するのでした。

まとめ

誰しもが経験する、あの時ああしていればという後悔。

そんな後悔をやり直すという心に刺さる内容に思わず時間を忘れて読み込んでしまう魅力的な物語です。

そして一度は諦めた夢を追いかけるとともに、新しく出会う個性豊かな面々、そして衝突する意見と最後には一丸となって制作を行っていくなど、青春の要素がすべて詰め込まれています。

ふと昔を思い出してノスタルジックな気分に浸りたい方、そして青春の物語をじっくりと読みたい方にはオススメの作品です。

この機会にぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク